意味が分かると怖い話「私の携帯知らない?」

俺は、携帯が鳴ると心苦しくなる。

それは、あの事件がきっかけだ・・・

 

以前、俺には付き合っている恋人がいた。
その子は喘息持ちで病弱な子だった。
でもいつも明るく、そんな彼女に周りは元気をもらっていた。

ある日、彼女の家でホームパーティをしたんだ。
ご飯を食べて家に帰った夜中の11時
彼女から電話があった。

げほっげほ 日向くん私のケータイ知らない?
・・・ったくお前はバカだなぁ。今手に持ってるだろ?

と言って電話を切った。

朝、目が覚めた俺はあることに気付いた
急いで彼女に電話をするが、彼女は二度と電話にでることはなかった。


解説

彼女が言っていたケータイというのは
喘息用の携帯吸入器のことでしょう。

喘息の発作を起こした彼女は、なかなか見当たらない携帯吸入器を日向くん間違って持って帰ってないだろうかと考えた。

電話をかけたが
彼女は焦っていた。

七海「ケータイ持ってない?」

日向「今手に持ってるだろ?」

彼女はきっと
絶望しながら倒れたのでしょう。

喘息の発作は悪化して重症化、もしくは死亡します。

仮に生きていたとしても、日向くんは彼女に申し訳ない気持ちでいっぱい
彼女は日向くんに病気で迷惑をかけたくない、・・・どう接すればいいかわからない
と複雑な関係になっているでしょう。

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)