意味が分かると怖い話「家が荒らされた」

私はその日買い物に出かけていた。
家に帰ると、家の窓ガラスが割れていたことに気づいた。
私は泥棒がまだ家にいるのではないかと思った

それを想像したとき
恐怖のあまり悲鳴をあげてしまった。

その時

「どうかしましたか」

どこか優しそうな雰囲気の警察官がそこにはいた。

七海「あの!家のまだガラスが割れていて!もしかしたら泥棒が家の中にいるかもしれません!」

警察「それは大変だ!実はついさっき、この付近で強盗殺人事件があったんです。犯人があなたの家に逃げ込んだのかもしれません!あなたはここで待っていてください!」

七海「え!あ、わかりました!」

家の中をくまなく調べたが、強盗殺人犯はいなかった。
家の中は荒らされていたが、特に盗られたものもなかったので、親切な警官は掃除に手伝ってくれた。

七海「今日は色々ありがとうございました」

警察「いえいえ!当然のことをしたまでです」

七海「何かお礼を…そうだ!よかったらお茶でも飲んでいきませんか?」

警官「先ほどから喉がカラカラでしたので、助かります」

七海はお茶の準備を始めた。
すると、七海の携帯が突如鳴りだした。

七海「うん?誰だろう?……あ、妹からだ」

妹「お姉ちゃん大丈夫!?」

七海「え?大丈夫だけど、なんで?」

妹「お姉ちゃんの家の付近で強盗殺人犯が逃走中らしいの!」

七海「ああ、家に泥棒は入ってたよ。でも特に盗られたものはないし、怪我もしてないよ。だから安心して!」

妹「よかった…でも油断しないで!犯人は警察の格好をしてるみたいだから、誰が家に来ても開けちゃだめだよ!」

七海「はいはいわかったわかった!……うん?警察の格好?」

その時

後ろで刃物が擦れたような音が聞こえた。

解説

強盗殺人犯は警察の格好をしている。
七海と話している人も偶然にも警察官。

おそらく強盗殺人犯は、殺人目的で七海の家に侵入したが
そこには誰もいなくて、特に金品もなかったので立ち去った。

そしたら悲鳴が聞こえたのでもう一度現場に戻った

ということで、強盗殺人犯は七海の目の前にいてピンチ

って感じのお話です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)