意味が分かると怖い話「遭難したときの話」

A「なぁ。お前意味が分かると怖い話って知ってるか?」
B「うーん?普通の怖い話じゃないの?」
A「違うな!ストーリーの中に隠された問題があって、それが分かってしまうとすごく怖くなる話のことだよ」
B「うーんよくわからないなぁ」
A「はぁ・・・youtubeでゆるりるチャンネル見てみろよ。シンプルで分かりやすいから」
B「・・・ってかなんでこんな話したの?」

A「・・・」
A「実はな、意味が分かると怖い話には、雪山小屋って話があるんだ」
B「ふーん。それってどんな話なの?」

Aセリフ

飛行機が雪山に墜落して、5人だけ生き延びたんだ。
でも友達の1人が重症。
仕方なくその重傷者をおんぶして、雪山を進んでいたが
体力の限界で、その友達を途中で置いていったんだ。
つまり見殺しにしたんだ。

その後、4人は小屋を見つけて、そこで救助を待つことにしたんだ。
しかし、そこでただ待つだけでも体力を消耗するから
4人で15分置きに交代しながら寝ることにしたんだ。
ちょっと特殊な方法でね。

まずは小屋の4隅に座って
1人は寝ないように見張り役として15分間起きて
3人は15分間寝る
15分間たったら、見張り役は次の見張り役を起こしに行き
起こしたら体力を無駄に消耗しないため、その場で寝て
見張り役はそこから15分間は、みんなが寝過ごさないように起きておく
これを何度もグルグルと繰り返して

彼らは朝を待った
そして救助が来て4人は助かった。

でも、一人が気付いたんだ。
4人では、この方法が成り立たないって。

12

 

34

 

5 6

このようにグルグル回っていくが
最後の4人目の人は、ここで誰もいないことに気付きます。
13

この方法で交代していたということは
何者かが一緒に参加していたということになります。

A「おれさ、前に飛行機事故に遭ったんだよ。
もうダメかと思って友達や生き残った人と雪山を歩いてたんだけど
ふとさっき話した意味が分かると怖い話のことを思い出したんだ。
それであの話を再現したら、ホントに助かったんだよ。
ほんと意味が分かると怖い話ってすげぇよ」

B「よく生き残ったな!すごい!」

この自慢話は色んな人に広まりました。

Aは友達がいなくなりました。

 

解説

再現したということは、友達を見殺しにしたとこも再現したということ
それを察した友人は、彼から離れていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)