マイクラ】意味が分かると怖い話「隣人がヤバいやつ」

旧友から電話があった。
彼は大学のゼミが一緒で昔は仲が良かった。
しかし、社会人になってからは全く連絡をとっていなかった。
合コンの誘いのようだった。

夜遅かったが、久しぶりに会話をしたことで盛り上がっていた。

その時の友人Aとの会話

「最近うちの隣に変な奴が引っ越してきてさ。
挨拶もしないし、なんか臭いし・・・
頭はボサボサ、服はボロボロなんだ」

変わったやつもいるもんだなと思った。

「しかもそいつ、この前カラスを殺してたんだよ。
猫捕まえて尻尾切ったりする目撃証言もあるんだ。
とにかく気持ち悪いんだ・・・
マンションは壁が薄いから隣のゴソゴソ音もハッキリ聞こえるし
あぁ、早く引っ越ししたいぜ」

そんなヤバいやつがいるのか。
おれは友人Aに、気をつけろよと促し電話を切った。

その後、誘われた合コンには友人Aの姿はなかった。
友人Aが殺されたのは言うまでもない。
おれはこの件には関わらないようにした。

解説

友人Aを殺したのは隣人。
壁が薄かったせいで会話の内容が筒抜けだった。
その会話を聞いて怒った隣人の犯行。
語り手がこの件に関わらないようにしたのは
隣人のターゲットになりたくないため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)