意味が分かると怖い話「遠出」

思えば今まで色んなことがあった。
幼いころ、両親を亡くし親戚中をたらい回しにされ
友達も少なかった。

唯一できた友達も、就職と同時に県外に出てしまって、おれはまた独りぼっち。
いつも寂しかった。

寂しくて落ち込んでいるとき、ある女性にアタックされ
付き合うことになった。その女性と会う回数を重ねる度
おれの心は少しづつ満たされていった。

しかし・・・

おれは見てしまった・・・

 

彼女が別の男性とデートしている場面を・・・
浮気なのか・・・よくわからなかったが
考えれば考えるほど、おれの心は深みにはまっていった。

 

その時何かがはじけた気がした。

 

俺はその日、山へ脚を運んだ。

 

今日は海に脚を運んだ。

 

明日はどこへ運ぼうかと考え

おれは頭を抱えた・・・


解説

「足を運ぶ」

どこかに出向くこと

脚を運ぶ

これが誤字でないとすると、実際に誰かの脚を運んでいたことになる。
つまり、バラバラになった彼女の遺体の脚を運んでいたということです。
最後の「頭を抱えた」という文は、バラバラになった彼女の遺体の頭部を持ち上げたということです。
少し話は変わりますが、悪いことをすれば自分や周囲の人に報いがあると言われています。
これを因果応報といいます。
彼女は浮気をしたことで主人公の逆鱗に触れ殺されてしまいましたが、彼女を殺した主人公もまた報いを受けるでしょう。
皆さんは人に恨まれるような生き方はやめてくださいね。

 

裏話的な感じで読んでください。
この動画は浮気をした元カノを意識してアレンジしました。
私自身、元カノが一生不幸になればいいのにって思ってます笑
私はそんな小さな人間です笑
これからも応援よろしくお願いします^ – ^

1 個のコメント

  • 私も小さな人間です。
    同じですね。
    好きな人が他の女子といるだけで胸がチクっとします。
    自分の彼氏じゃないのに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)