【マイクラ】意味が分かると怖い話「雨が降る日の出来事」

この日は雨予報が出ていて
母親から傘を持っていくように言われた。

2017-01-17_20h00_35

しかし、外の景色を見ても全く降る気配がない。

2017-01-17_20h27_27

半信半疑になりながらも七海は傘を手に持ち学校へ向かう。

学校に着くと、夕方ごろから雨が降ってきた。
天気予報もバカにはできない。
学校が終わり、帰ろうとしたところ
傘がないことに気付く。

「あれ?傘どこだっけ?
そういえば、学校に着いたとき、傘立てに傘を置いた記憶がないな」

七海は登校中に傘を落としたことがわかり、諦めて雨に濡れて帰ることにした。

 

家に着いたとき、玄関に持って行ったはずの傘が置いてあることに気付いた。

解説

持って行ったはずの傘が家に移動していたということは
誰かが家に届けてくれたのだろう。
しかし、落ちている傘を誰のものか判別することなんてできるだろうか?

できませんよね?

 

ストーカー以外は・・・

 

家族の方が拾ったという意見もあるかもしれませんが、こんなませた女子高生が傘に名前なんて書きますかね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)