意味が分かると怖い話「テープレコーダー」

ど田舎に、とある村があった。
村の近くには洞窟であり、そこで1人の遺体が発見された。
遺体は死後三日以上経過しており、状況から見て自殺ではないかという話だ。
遺体の傍には拳銃とテープレコーダーが落ちていた。
テープレコーダーを拾い、再生してみると

「私はもう生きてはいけない、生きる理由がない」

そのメッセージのあと拳銃の発砲音が聞こえた。

自殺以外の線も考えて刑事は聞き込みに行ったが
村人の証言に特に変わった様子はない。

それらを踏まえて分かったことがある。

 

これは殺人事件だということを

 

解説

この事件のおかしな点はいくつかあります。
一つは銃声が聞こえたあとにテープが終わっていたということ
これは誰かが途中で録音を止めたということ、そして最初から再生されているようなので
あとから誰かがテープを巻き戻したのでしょう。
なぜそんなことをしたのか意味不明なんですが笑

そして犯行が洞窟内で行われたのなら、発砲音が洞窟内を反響し、近くの村まで聞こえるはずです。
それが放置されていたということは、村人は知っていながらあえて放置していたのでしょう。
つまりこれは村ぐるみの犯行の可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)