市販で買う目薬は第3類医薬品のほうが良い

最近知った話ですが
目が疲れたり、乾燥したら目薬を使いますよね。
その目薬には主に

第1類医薬品第2類医薬品第3類医薬品があります。

商品のパッケージの裏面とかに~類医薬品とかって書いてます。
ちょっと簡単にまとめてみますね。

第1類医薬品

高い薬効がありますが、副作用などのリスクがあるもの。
購入の際に薬剤師さんの説明を聞かないと買えないものです。

第2類医薬品

第1類よりもやや安全になったもの。薬効・副作用のリスクは中程度のものが多い。
薬剤師か登録販売者によって販売する薬のこと。

第3類医薬品

副作用が少なく、ネットでも購入できるお薬。
薬剤師は不要。

先日ドラッグストアで目薬を見ていたのですが、そのほとんどが第2類医薬品です。
第2類は防腐剤や血管収縮剤を使っているものがあります。
使用すると一時的に目の痒みや充血を抑えるなど効果を発揮するのですが、時間が経つと元の状態に戻る・・・というか逆にひどくなったりするそうです。

ここは無難に第3類医薬品を買いましょう!

私が今使っているのはこちらです。

ソフトサンティア ひとみストレッチ 5mL×4

P_20180318_141804_vHDR_On.jpg

私はスースーするやつが好きなんですが、これは全くしないです。
ただ、使用後の目はすごく落ち着いてます。
コンタクトしたままでも大丈夫なので、目薬でお悩みの人は調べてみてはどうでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)